マルフジT・C・BOX

画像
画像

丁寧な作りが自慢

せわしなく人が行き交う狸小路の一角にある、「マルフジT・C・BOX」は、昭和33年に狸小路一丁目で開店した「丸藤洋装店」の支店として同53年にオープンした。店内に足を一歩踏み入れれば、そこにはVAN製品がズラリと並ぶ。今なお色あせることの無いデザインとディテール。1960年代から70年代にかけ一世を風靡し、以来、大人の男のためのライフスタイルをコーディネートし続けているブランドだ。同店は、札幌市内でVAN製品を扱う専門店で、スーツやジャケット、アウター、パンツから革小物まで様々なアイテムを扱っている。

「お客様の年齢層は幅広く、特に40代から60代の方が多いですね」と店長の高橋養治さん。「最近は父親へのプレゼントを選びつつ、ご自身の洋服を購入される20代の方も多くみられます。アウターなどを父から息子に譲り、親子二代で着るケースもあるようです」。良質の素材で定番デザインは、長く着用できるのも魅力だ。

画像
マルフジT・C・BOX
住所:札幌市中央区南2条西2丁目(狸小路2丁目)
電話:011-271-7512
営業時間:10時30分~20時、定休日なし(1月1日、12月31日は休み)
ページの先頭へ