お茶の匠が守り続けるこだわりの味 北海道で愛され続ける 株式会社 土倉

日本茶には、注目したい成分がたくさんあることをご存知ですか?
日本茶には、免疫力を高め、抗酸化作用を発揮するカテキンや、脳のα波を増やし、リラックス効果のあるテアニン、ストレスを防止してくれる働きが知られるビタミンCをはじめとするビタミン類が含まれています。上手に生活に取り入れてみませんか。

受け継がれる匠の技

札幌市に本社・工場を有し、全道に支店を構える「お茶の土倉」。地域に根ざした企業として、北海道民になじみ深い同社は、平成26年1月、設立50周年を迎えました。

同社のロングセラー商品「煎茶天玉」と「ゴールデンほうじ茶」の味わいは、発売から40年余り経た現在もほとんど変わっていません。地域のみなさまに愛されるこの味を守り続けるのが、佐々木健一さん(製造部 第一工場業務推進役)です。

五感で守り続ける味

茶葉をブレンドする作業を「合組(ごうぐみ)」といいます。それぞれの茶葉の特徴を見出し、長所を活かすことによって、単一のお茶にはない、味や香りを引き出します。

「製品としてつねに変わらぬ味を維持するために、味・香り・水色(すいしょく)・形状の異なる茶葉を組み合わせています。手で触れ、香りを確かめ味わい、茶葉の個性を見抜き、最適な組み合わせに仕上げています」と佐々木さん。

合組によって「土倉の味」を守り続ける佐々木さん

合組によって「土倉の味」を守り続ける佐々木さん

厳選した茶葉の特性を見極め、旨みを引き出します

厳選した茶葉の特性を見極め、旨みを引き出します

和みのひと時にぴったり

お茶には、興奮作用のあるカフェインが含まれていることがよく知られていますが、実は興奮や緊張を和らげ、リラックスさせてくれるテアニンを豊富に含んでいることをご存知ですか?

特に、玉露、抹茶、上級煎茶には、テアニンをはじめとするアミノ酸が多く含まれています。旨みを強調したお茶を楽しみたい場合は、60度程度のぬるめのお湯でじっくり淹れると、豊かな香りの旨みと甘みをの堪能できます。

美容や健康にもオススメの飲み物

管理部主任・山下麻穂さん

良質の茶葉に、お茶に適した良質の水。おいしいお茶を淹れるポイントはたくさんあります。
管理部主任・山下麻穂さんに、煎茶を淹れるコツを教えていただきました。基本を押さえて、おいしいお茶でリラックスしましょう。

株式会社 土倉

株式会社 土倉

2014年春号掲載 ※現在とは情報が異なる場合がございます。詳しくは各店舗へお問い合わせください。

ページの先頭へ