マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > NEW・新着クリップ - コラム > 歳時記コラム「涼を感じる夏の知恵」

歳時記コラム「涼を感じる夏の知恵」

このコーナーでは、四季や暮らしをテーマに、年中行事の素朴な疑問や歳時記の豆知識、読者から寄せられたエピソードなどをお届けします。

風を上手に取り入れて、心地良く過ごす

打ち水、すだれ、扇子...。日本には昔から行われている、涼を感じる暮らしの知恵がたくさんあります。暑い日が続くと、ついエアコンや扇風機に頼ってしまいがち。賢く工夫して、エコで風情のある過ごし方をしたいものですね。

高温多湿が大きな特徴である日本。湿度が高い日本の夏は、実際の温度以上に暑苦しく感じられます。人の体温は、汗が蒸発する時に気化熱が奪われることにより下がります。そして湿度の高い時期に汗を蒸発させるには、風を利用するのが一番です。風を起こす道具には、団扇(うちわ)や扇子(せんす)があります。

団扇はもともと、顔を隠して威厳を正す道具でした。団扇の歴史は古く、紀元前にはすでに中国で使われていたようです。江戸時代に大量生産が始まり庶民に普及してからは、暑さを和らげたり、炭をおこす道具として欠かせないものとして使われていました。現在では、夏の風物詩としてお祭りなどで好んで使われています。

一方、扇子は平安時代の初めに日本で発明されたと言われています。当初は木簡を重ねた檜扇だったそうですが、次第に紙を貼った扇が作られるようになりました。扇子は、あおいで涼をとるだけでなく、和服を着る時や、芸やお茶の世界など様々な分野で使われています。扇子などの柄として、よく採用されているのが秋の草花や水などの絵。これも見た人に涼しい印象を与えるための工夫と言えるでしょう。

“コラム”の最新記事はこちら

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ