マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > NEW・新着クリップ - 催し > 北海道の地方創生と未来をテーマに片山善博氏が語る、講演会を開催

北海道の地方創生と未来をテーマに片山善博氏が語る、講演会を開催

片山善博 氏(かたやま よしひろ) 早稲田大学大学院政治学研究科教授、元鳥取県知事、元総務大臣

片山善博 氏(かたやま よしひろ) 早稲田大学大学院政治学研究科教授、元鳥取県知事、元総務大臣

全労済グループの基本三法人の一つでありシンクタンク事業を担う全労済協会(一般財団法人 全国勤労者福祉・共済振興協会 理事長:神津 里季生)では、来たる2018年5月26日(土)、テレビ等でお馴染みの早稲田大学大学院教授の片山善博氏を札幌市にお招きし、秋元克広札幌市長、カーリング選手の小笠原歩氏とともに、北海道の地方創生と未来について考える講演会を開催します。 

我が国全体が超高齢社会を迎え、人口減少も進む中、地方自治体では、『人口流出』や『過疎化』をはじめとする、さまざまな課題を抱えています。北海道では、全国を上回るスピードで人口減少が進んでおり、人口減少を中心とした、地域社会の創生に向けた施策を、道民が総力をあげて推進するため「北海道創生総合戦略」を策定するなど、危機感をもちさまざまな取り組みを行っています。
全労済協会では、このような課題を抱えている北海道にて「ほっかいどうの地方創生」をテーマに講演会を開催します。


講演会の第一部では、総務大臣や鳥取県知事を歴任された片山善博氏に、各自治体が実現している対応策などの実例を交えた基調講演を、第二部では、札幌市長の秋元克広氏、カーリング選手の小笠原歩氏、アナウンサーの渡辺真理氏をコーディネーターに、片山善博氏も交えて、北海道の「地方創生」の現状と課題、そしてこれからの方策について議論してまいります。
この講演会に700名の方を無料でご招待します。多くの皆様からの参加お申し込みをお待ちしております。

テーマ 『ほっかいどうの地方創生 ~北海道の地方創生と未来への展望~ 』
日 時  2018年5月26日(土) 13:00~16:30 (12:30開場)
会 場  道新ホール 北海道札幌市中央区大通西3丁目
     JR札幌駅(南口)より徒歩10分 地下鉄大通駅より徒歩3分

■開催内容
第一部 <基調講演>
「地方創生のいま」 ~地方自治と地域の発展に向けて~
【講師】片山善博氏 (早稲田大学大学院政治学研究科教授)

第二部 <パネルディスカッション>
「活気あるまちづくり」 ~地域特性を活かした未来創生~
【登壇者】秋元克広氏(札幌市長)、小笠原歩氏(カーリング選手)、片山善博氏

総合司会・コーディネーター 渡辺真理氏 (アナウンサー)


■お申し込み方法
ホームページまたはハガキでお申し込みください。
*ホームページ:http://www.zenrosaikyokai.or.jp/
*ハガキ   :〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-11-17
ラウンドクロス新宿5階 全労済協会 講演会係
定員:700名(参加無料) 
お申し込み締め切り:2018年4月6日(金)
※詳しくは、全労済協会ホームページ(http://www.zenrosaikyokai.or.jp/)をご参照ください。

■主催等
主催:(財)全労済協会 共催:全労済北海道推進本部
後援:北海道、札幌市、日本労働組合総連合会北海道連合会、北海道労働者福祉協議会、北海道労働金庫、北海道生活協同組合連合会、北海道新聞社、北海道放送、札幌テレビ放送、北海道テレビ、北海道文化放送、テレビ北海道

“催し”の最新記事はこちら

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ