マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > NEW・新着クリップ - コラム > 歳時記コラム「節分」

歳時記コラム「節分」

このコーナーでは、四季や暮らしをテーマに、年中行事の素朴な疑問や歳時記の豆知識、読者から寄せられたエピソードなどをお届けします。

北海道では落花生を撒く

豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる節分。節分とは「季節を分ける」ことを意味し、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことをいいます。春を迎える大切な節目であるため、室町時代あたりから、節分といえば立春の前日だけをさすようになりました。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、邪気を払って福を呼び込むために、節分には古くから豆撒きの行事が執り行われています。豆撒きの際に使用する豆は、お祓いを行った炒った大豆(炒り豆)でなくてはいけません。これは、生の豆を使って拾い忘れたものから芽が出てしまうと縁起が悪いとされているからで、「炒る」=「射る」にも通じます。「魔の目(魔目=まめ)」を「射る」ことで「魔滅」となるわけです。

また北海道や東北地方では炒り大豆ではなく、落花生を撒きます。これには諸説ありますが、「落花生は大豆よりも大きく拾いやすい」「食べ物が粗末にならない」など、物事を合理的に考える道産子だからこそ広まったとも言われています。

ちなみに落花生だと掃除もしやすいですよ。

“コラム”の最新記事はこちら

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ