マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > NEW・新着クリップ - コラム > 歳時記コラム「ひな人形を飾る場所」

歳時記コラム「ひな人形を飾る場所」

このコーナーでは、四季や暮らしをテーマに、年中行事の素朴な疑問や歳時記の豆知識、読者から寄せられたエピソードなどをお届けします。

ひな人形を飾る場所

数年前のひな祭りの思い出。
私の両親は初孫のために、奮発し、とても高級なひな人形を購入してくれました。
配達されるのを自宅で首を長くして待っていた私たち家族、届いたその日に早速飾ることにしました。
主人と一緒に箱から取り出していると、まもなく1歳になる娘が、ひな人形に興味津々。どうしても触りたいらしく、人形の近くへ来ては騒ぎだしました。
その様子を見た主人。娘をベビーサークルに入れ、「娘の手が届かない高い場所へ飾ろう」と言い出しました。私は心の中で、"少しくらいなら触れさせても"とか、"娘のひな人形なのに意味がないじゃない"と思っていました。

そこで、「この子のひな人形なんだから、やっぱり一緒に飾って、いつも触れられる場所に飾っておこうよ」と言って、娘をベビーサークルから出したんです。とたんに脇目もふらず真っ先にハイハイでひな人形のところへ行く娘。おもむろにツボをわしづかみすると、思い切りガンッと壁へ投げつけました。 「ひっ」と息をのむ私たち夫婦。
衝撃でツボが欠け、さらに、中に飾るはずの花もグシャとつかみ、挙句には口に入れようとします。慌てて取り上げましたが、時すでに遅し...。反対の手につかんでいた人形の頭も乱暴に握っていました。

ひどく後悔した春の日の出来事でした。
皆さんもひな人形を飾るときにはくれぐれもご注意ください。

“コラム”の最新記事はこちら

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ