マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > NEW・新着クリップ - > 「白い恋人発売40周年記念特設ページ」石屋製菓オフィシャルサイト内にオープン!

「白い恋人発売40周年記念特設ページ」石屋製菓オフィシャルサイト内にオープン!

石屋製菓株式会社(本社:札幌市西区 代表取締役社長:石水 創)が製造・販売する北海道銘菓「白い恋人」は、2016年12月をもちまして発売40周年を迎えます。そこで、お客様に日頃のご愛顧への感謝をお伝えすべく、石屋製菓オフィシャルサイト内に「白い恋人発売40周年記念特設ページ」をオープンしました。同ページ内では、「白い恋人」の誕生秘話や開発の裏話など、様々なトリビアを紹介する連載企画「白い恋人の12の秘密」や、"私の白い恋人"というテーマで「白い恋人」との思い出や写真を投稿してもらうユーザー参加型コンテンツ「フォト&メッセージコンテスト」を提供いたします。


【概要】
「白い恋人発売40周年記念特設ページ」
http://www.ishiya.co.jp/40th/


【コンテンツ①】 白い恋人の12の秘密 (開始時期:2016年7月1日(金))
「白い恋人」の発売40周年を記念したWebサイト特別コンテンツとして、世の中にあまり知られていない「白い恋人」のインサイドストーリーを「白い恋人の12の秘密」として年間12話(予定) 展開します。また、同内容を「英語」、「繁体字」、「タイ語」に翻訳し多言語展開を行います。このページは白い恋人の商品パッケージに記載されるQRコードからもアクセスでき、同時に台湾、タイの石屋製菓FBでも紹介しインバウンド観光客への訴求も視野に入れています。


【コンテンツ②】 フォト&メッセージコンテスト テーマ「私と白い恋人」
(開始時期:2016年9月1日(木)スタート予定)
40周年記念コンテンツとして「白い恋人との思い出」のメッセージや写真(ある方)を投稿してもらうフォト&メッセージコンテンストを開催します。様々なエピソードや写真などから40年に渡る「白い恋人」の思い出を振り返り優秀なメッセージを表彰し賞品贈呈を行います。


「白い恋人」について
「白い恋人」は昭和51年(1976年)12月に発売を開始しました。昭和40年代後半ごろから、消費者の中では広く、チョコレートが好まれるようになり、石屋製菓でも何かチョコレートを使った商品ができないだろうかと考えていました。しかも単体のチョコレートではなく、おしゃれに食べられるオリジナルの商品を・・・。そこで思いついたのが、クッキーとチョコレートの組み合わせです。最初はクッキーをチョコでコーティングしようと考えましたが、手も袋もべたついてしまいます。そこで、チョコをクッキーでサンドすればよいのでは!?という発想から生まれたのが「白い恋人」だったのです。
商品名は、歩くスキーの帰り道、降り始めた雪を見て創業者が何気なく言った「白い恋人たちが降ってきたよ」に由来しています。パッケージはシンプルかつスタイリッシュに、夜空から降る雪をイメージした高級感あふれるデザインにしました。パッケージに描かれている山は、北海道の秀峰「利尻山」です。発売前こそ、百貨店からは「これでは目立たないから売れない」との声もありましたが、派手な商品の多い中、シンプルなデザインが好評を博し、売れ行きは好調でした。
やがて、新千歳空港内の土産物店での販売や、飛行機の機内食への採用などを通じて、「白い恋人」は北海道土産の定番としての地位を確立します。その人気に応えて、販売エリアを全国拡大することも可能でしたが、「白い恋人」は一貫して道内限定販売を貫いてきました。その根底には、「白い恋人は北海道の良いイメージを象徴するものでありたい。何よりも、石屋製菓はお菓子を通じて、北海道の風土、文化に根差したロマンを売る会社でありたい」という創業者の思いがあります。これからも「北海道を訪れた人だけが買えるお菓子」としてのスタンスを守っていきます。

“食”の最新記事はこちら

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ