マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > NEW・新着クリップ - 催し > 野島理の世界「昭和30年代だった!」昭和30年代ノスタルジー!街の賑わい、そこかしこ。

野島理の世界「昭和30年代だった!」昭和30年代ノスタルジー!街の賑わい、そこかしこ。

錆色トタンの谷間

錆色トタンの谷間

昭和30年代の街並みと人々を描く情景画家・野島理氏の個展が、2017年8月10日(木)~8月15日(火)の期間、「石の蔵ぎゃらりぃはやし」(札幌市北区北8西1-1-3)にて開催されます。

今回の個展は、北海道の昭和30年代のイメージ(心象風景)をアクリル絵の具でキャンバスに描いた、100号の大作3点を含む計28作品(旧作7点、新作21点)の構成です。鳥の目線・鳥瞰図的に街を見下ろした構図の作品をメインに、今は廃止された軽便鉄道や定山渓鉄道、そして札幌市電など鉄道が走る昭和の街並みを描いた作品も展示。「昭和を知らない世代から、リアルタイムで生き抜いてきた世代まで幅広い層の人たちに、昭和30年代という時代を思い出しつつ楽しく、そして懐かしく観て欲しいと思っています」と野島さん。癒しの野島理ワールドに足を運んでみませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会場:石の蔵 ぎゃらりぃ はやし
住所:札幌市北区北8西1丁目1-3
電話番号:011-736-0884
開催期間:2017年8月10日(木)~8月15日(火)、11時~19時(※最終日は17時まで)
入場無料


【イベントに関する問合せ先】
野島理(狐野絵筆)アトリエ
電話番号:011-303-1436
E-mail:efude@jcom.home.ne.jp

“催し”の最新記事はこちら

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ