マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > NEW・新着クリップ - 催し > 「縄文夏まつり」札幌駅前通地下歩行空間にて、平成29年7月6日(木)~9日(日)開催

「縄文夏まつり」札幌駅前通地下歩行空間にて、平成29年7月6日(木)~9日(日)開催

北の縄文道民会議、(公財)北海道文化財団は、札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)で「縄文夏まつり」を開催します。

期間中、国宝土偶(中空土偶、合掌土偶)をはじめとする北海道・青森県・岩手県から出土した土偶などのレプリカ展示、世界遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」を紹介するパネル展示、縄文の出土品を撮り続ける写真家・小川忠博さんの作品展示、北の縄文セミナーと、多彩な内容で皆様のご来場をお待ちしております。

【催し詳細】
日時:平成29年7月6日(木)~9日(日)11:00~19:00
         ※最終日は16:00まで
会場:札幌駅前通地下歩行空間(チカホ) 
     札幌駅側イベントスペース(地下鉄さっぽろ駅側入口横)
          ※入場無料。お申し込みは不要です。直接会場へお越しください

内容:『出土品展示』(深鉢形土器を除き、展示品はレプリカです)
     ・国宝 中空土偶(北海道函館市著保内野遺跡出土)
        ・国宝 合掌土偶(青森県八戸市風張1遺跡出土)
        ・重要文化財 遮光器土偶(岩手県盛岡市手代森遺跡出土)
        ・重要文化財 土面(千歳市ママチ遺跡出土)
        ・重要文化財 動物形土製品(千歳市美々4遺跡出土)
        ・重要文化財 人形装飾付異形注口土器(北斗市茂別遺跡出土)
        ・道指定有形文化財 土偶(江別市大麻3遺跡出土)
        ・深鉢形土器(北斗市館野2遺跡出土)   

    
  『パネル展示』
  ・世界遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の紹介
  ・縄文の出土品を撮り続ける写真家・小川忠博さんの作品を展示

  『北の縄文セミナー@チカホ』(道民カレッジ連携講座)
  日 時:平成29年7月7日(金)16:30~17:30
  テーマ:「恵庭の漆文化 -カリンバ史跡と西島松5遺跡-」
  講 師:恵庭市郷土資料館 主査 長町 章弘 氏

  日 時:平成29年7月8日(土)13:00~14:00
  テーマ:「縄文文化の終焉と北海道のあゆみ-「続縄文」ってみなさん知ってますか?ー」
  講 師:室蘭市教育委員会 生涯学習課 主査 松田 宏介 氏

  日 時:平成29年7月9日(日)13:00~14:00
  テーマ:「縄文以前の北海道-いつ、どこから、どんな生活?-」
  講 師:札幌国際大学人文学部現代文化学科 准教授 坂梨 夏代 氏

主  催:北の縄文道民会議、公益財団法人北海道文化財団
共  催:北海道縄文のまち連絡会、札幌国際大学縄文世界遺産研究室
特別公演:北海道

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【お問い合わせ】
北の縄文道民会議事務局
札幌市中央区大通東1丁目3 中央バス札幌ターミナル2階 株式会社シィービーツアーズ内
011-221-1122
http://www.jomon-do.org/

“催し”の最新記事はこちら

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ