マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > NEW・新着クリップ - > 大泉洋の関連著書、待望の声に応え初の電子書籍化へ『騙し絵の牙』含む2作品同時発売

大泉洋の関連著書、待望の声に応え初の電子書籍化へ『騙し絵の牙』含む2作品同時発売

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は俳優・大泉洋関連の書籍2タイトル、『大泉エッセイ』、『騙し絵の牙』の電子書籍版を同時に刊行いたします。12月に映画『探偵はBarにいる3』の公開を控え、2017年も怒濤の活躍をみせる俳優・大泉洋。その大泉洋史上初めて、自身が執筆に関係した文芸作品を電子書籍化&一挙2冊同時刊行が決定!
『大泉エッセイ 僕が綴った16年』は、大泉自身が学生時代から執筆してきたエッセイ集で、カバーの装画をマンガ家・あだち充が担当(大泉洋を描いた)。昨年末には台湾翻訳版も発売するなど、未だ重版も続々止まらないほどの大ベストセラーとなり、電子化待望の声も多数あがっていたが、発売約4年を経ていよいよ電子化の刊行が実現! また、昨年数々の文学賞を受賞し"今、一番次回作が待たれている"作家・塩田武士が、大泉洋を主人公に<完全あてがき>した小説が今秋刊行、各メディアで話題沸騰中の最新刊『騙し絵の牙』も同時発売に! 電子出版界でも「大泉洋旋風」到来!?


大泉洋が鮮やかに脳内再生される新感覚小説!
『騙し絵の牙』(塩田武士 著)
主人公に大泉洋を「あてがき」した作家・塩田武士による社会派長編小説。出版界の光と影を圧倒的リアリティ筆致で描いた重厚なストーリーの中、太陽のような明るさと才知に長けた主人公として「あてがき」された大泉洋が、まるで息遣いが聞こえてくるように読者の頭のなかで話し、動き回る!


なんと電子版限定特典付き!
『大泉エッセイ 僕が綴った16年』
大泉洋が大学在学中の1997年から雑誌連載で綴ってきた幻の原稿108編と、40歳になった自身を振り返りつつ執筆した4編を一挙収録した大人気エッセイ集。爆笑必至、胸が熱くなる大泉ワールド全開の一冊。
今回電子書籍オリジナル特典として直筆コメントが付いてきます!


■主な取扱電子書店ストア
①=『騙し絵の牙』 ②=『大泉エッセイ 僕が綴った16年』

 

Amazon

  1.  https://www.amazon.co.jp/dp/B07711VVC3

  2.  https://www.amazon.co.jp/dp/B0771JFQQ9

 

DMM

  1. 共同ページ

https://book.dmm.com/list/novel/?floor=Gnovel&article=genre&id=6647

 

【ブックウォーカー】

https://bookwalker.jp/de1113cdad-c3b2-4a59-baaa-2fa55839f8af/

https://bookwalker.jp/de4d1ab9b2-49a7-4045-89dd-dd8714d5dcaf/

 

【紀伊國屋書店】

  1.  https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0482323

  2. https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0482322

     

 【dブック】

  1.  http://book.dmkt-sp.jp/book/detail/book_type/010/title_id/0000269844

  2. http://book.dmkt-sp.jp/book/detail/book_type/010/title_id/0000269845

 

BookLive

  1. 共同ページ

https://booklive.jp/search/keyword/a_id/251267


■紙版書籍情報
タイトル:大泉エッセイ ~僕が綴った16年
 著  者:大泉洋
 装  画:あだち充
 定  価:680円+税
 仕  様:文庫版/402ページ
I  S  B  N:978-4-04-102610-6
発   売:KADOKAWA

タイトル:騙し絵の牙
 著  者:塩田武士
 写真(モデル):大泉洋
 定  価:1,600円+税
 仕  様:四六判/384ページ
I  S  B  N:978-4-04-068904-3
発   売:KADOKAWA

“本”の最新記事はこちら

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ