マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > NEW・新着クリップ - > 高校生パティシエ日本一を決める「第11回貝印スイーツ甲子園」

高校生パティシエ日本一を決める「第11回貝印スイーツ甲子園」

10日のAブロック優勝「北の国から」チーム

10日のAブロック優勝「北の国から」チーム

総合刃物メーカーの貝印株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:遠藤 宏治)は高校生が3人1組でオリジナルスイーツのアイデアと腕前を競う「第11回貝印スイーツ甲子園」東日本予選大会を、2018年8月10、11日に東京都世田谷区の東京栄養食糧専門学校にて開催いたしました。応援に駆けつけた家族や友人が見守る中、白熱した戦いが繰り広げられ、10日のAブロック優勝の北海道三笠高等学校(北海道)の「北の国から」チーム、11日のBブロック優勝の名古屋調理師専門学校(愛知県)の「I'll」チーム(第10回スイーツ甲子園優勝チーム)の計2チームが、9月16日に東京都内で開かれる決勝大会に駒を進めました。


貝印スイーツ甲子園は、食生活の充実や食文化への理解促進、スイーツを通じた自己実現の場の提供や将来のパティシエ育成を目的に貝印が主催し、今年で11回目を迎えます。参加者は延べ2万人を数え、「高校生パティシエの登竜門」として目標とされる大会のひとつとして、毎年高校生とは思えないハイレベルな戦いが繰り広げられています。今回は全国の高校生266チームの中から書類選考により計24チーム(各日6チーム出場)を選出し、東西予選大会にて決勝大会へ進む4チームを決定いたします。
予選大会では出場者はスイーツ作りの基礎知識を問う筆記試験と調理試験に臨みました。調理試験では、今年のテーマである『わたしたちの"極上"スイーツ』に沿って日本が世界に誇るモノやコトを表現した自由作品と、課題作品の「ジェノワーズにクリームをサンドしたデコレーションケーキ」を3時間の制限時間内で制作。緊張感漂う中、チームのメンバー同士で声を掛け合いながらテキパキと作業を進め、練習の成果を発揮していました。その後のアピールタイムでは、審査員であるプロパティシエへ作品の特徴や熱い想いをしっかりアピールしていただきました。

優勝した両チームは東日本ブロック代表として東京で開催する決勝大会に出場します。決勝大会優勝チームは副賞として毎年恒例のパリ研修旅行が与えられる他、全国のローソンで発売予定のスイーツのオリジナルレシピを共同開発いたします。今回の東日本ブロック予選大会の模様は、貝印スイーツ甲子園公式サイトにて8月下旬より動画で公開予定です。

■貝印スイーツ甲子園公式サイト: http://www.kai-group.com/fun/koushien/top.html

第11回貝印スイーツ甲子園 東日本予選大会 開催概要
◇日時    2018年8月10日(金)、11日(土) 10:00~17:30
◇場所    東京栄養食糧専門学校(東京都世田谷区池尻2-23-11)
◇主催    貝印株式会社
◇審査員
10日  菓子工房グリューネベルク 濱田 舟志シェフ /Patisserie Yu Sasage 捧 雄介シェフ
11日  MAISON GIVRÉE 江森 宏之シェフ /EN VEDETTE 森 大祐シェフ

[決勝大会] 2018年9月16日(日)


“食”の最新記事はこちら

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ