マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > NEW・新着クリップ - 映画 > "難民"を題材にした作品を集めた映画祭「国連UNHCR難民映画祭2017」開催

"難民"を題材にした作品を集めた映画祭「国連UNHCR難民映画祭2017」開催

世界で連日大きなニュースとなっている難民問題。しかし日本に住む私たちがそのリアルな姿に触れることが難しいのも事実です。
「国連UNHCR難民映画祭2017」では世界の各地で今まさに起きている難民の物語を皆様にお届けいたします。過酷な状況、行き場のない怒り、絶望、その中で見出す希望。本映画祭を通じて皆様は何を感じられるでしょうか。

ラップやロックにのせて国内の女性に対する弾圧や人権侵害を批判する作品を発表し、その首に多額の懸賞金が掛かるイラン人のミュージシャン、シャヒン・ナジャフィのドキュメンタリー「神は眠るが、我は歌う」、6人のシリア難民の子供たちを4Kカメラで追い真実を美しく映し出す「シリアに生まれて」をはじめ、札幌では、全6作品のうち、5作品が日本初上映となります。

12回目を迎える今年は開催地を増やし、東京、札幌、名古屋、大阪、福岡、広島の全国6都市で開催いたします。映画祭を機に、「観る・知る」ことから始めませんか? 札幌は、10月14日(土)・15日(日)の2日間、札幌プラザ2・5(札幌市中央区南2条西5丁目)にて開催。入場は無料ですが、ウェブサイトからの事前お申込が必要です(抽選制)。申込方法等、詳しくは公式サイトをご覧ください。


【イベント詳細】
「第12回国連UNHCR難民映画祭2017」
開催期間:2017年9月30日(土)~11月12日(日)
開催都市:東京、札幌、名古屋、大阪、福岡、広島

ウェブサイトからの事前申し込みはこちらから(札幌会場の申込締切は9月26日)
【公式サイト】http://unhcr.refugeefilm.org/2017/

“映画”の最新記事はこちら

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ