マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > NEW・新着クリップ - > 63歳の新人・感動のデビュー作!第54回文藝賞受賞作『おらおらでひとりいぐも』

63歳の新人・感動のデビュー作!第54回文藝賞受賞作『おらおらでひとりいぐも』

『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子 著

『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子 著

74歳、 ひとり暮らしの桃子さん。 夫に死なれ、子どもとは疎遠。 新たな「老い」を生きるための感動作!

子どもも育て上げたし。 亭主も見送ったし。 もう桃子さんが世間から必要とされる役割はすべて終えた。
きれいさっぱり用済みの人間であるのだ。亭主の死と同時に桃子さんはこの世界とのかかわりも断たれた気がして、 もう自分は何の生産性もない、いてもいなくてもいい存在、であるならこちらからだって生きる上での規範がすっぽ抜けたっていい、桃子さんの考える桃子さんのしきたりでいい。おらはおらに従う。(本文より)

専業主婦から小説家へ――63歳の新人が描いた、 青春小説の対極、 玄冬小説。
第54回文藝賞受賞作『おらおらでひとりいぐも』が、早くも河出書房新社(東京都渋谷区・代表取締役社長小野寺優)より単行本として刊行されます。雑誌「文藝」掲載時より、朝日新聞、読売新聞、産経新聞、東京新聞、共同通信、時事通信ほか、様々に熱い反響をよんでいます。

20代で田舎から上京し、結婚、出産、子育て、そして夫との死別を経て、現在ひとり暮らしをする74歳桃子さんを主人公に、63歳の「プレ婆さん」(と自らが呼称)の手による、これまでにはない「老い」を描いた感動のデビュー作です。

【内容紹介】
結婚を3日後に控えた24歳の秋、東京オリンピックのファンファーレに押し出されるように、故郷を飛び出した桃子さん。身ひとつで上野駅に降り立ってから50年。
住み込みのアルバイト、周造との出会いと結婚、二児の誕生と成長、そして夫の死。
「この先一人でどやって暮らす。こまったぁどうすんべぇ」
40年来住み慣れた都市近郊の新興住宅で、ひとり茶をすすり、ねずみの音に耳をすませるうちに、桃子さんの内から外から、声がジャズのセッションのように湧きあがる。
捨てた故郷、疎遠になった息子と娘、そして亡き夫への愛。震えるような悲しみの果てに、桃子さんが辿り着いた、圧倒的自由と賑やかな孤独とは。


【書店店頭にて刊行記念小冊子を無料配布中!】
本作の主人公・74歳桃子さんのイラストを、イラストレーターの小幡彩貴さんが書き下ろし!小冊子では本作の試し読みに加えて、「絵と文でよむ、主人公・桃子さんの74年」を特別収録。
ぜひ書店店頭にてご覧ください。


【書籍情報】
『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子
2017/11/17発売
ISBN:978-4-309-02637-4/本体価格:1200円(税別)/46判/168頁
ブックデザイン:鈴木成一デザイン室
カバー写真:小林紀晴
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309026374/

“本”の最新記事はこちら

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ