マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > NEW・新着クリップ - > 北海道の味『ポテトチップス 塩辛じゃがバター味』3月4日(月)発売

北海道の味『ポテトチップス 塩辛じゃがバター味』3月4日(月)発売

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、北海道民に馴染みの味わいを再現した『ポテトチップス 塩辛じゃがバター味』を数量限定・期間限定で2019年3月4日(月)に発売します。北海道内のスーパーマーケットやコンビニエンスストア、およびカルビー直営店・アンテナショップで販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(4月下旬終売予定)。


【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度に地元の味を再現したポテトチップスを発売しました。2年目となる2018年度も、前年度に引き続き3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。2018年度の第3弾となる北海道の味『ポテトチップス 塩辛じゃがバター味』は、取り組みをさらに進化させ、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、北海道庁や道民の皆様とワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは「ししゃもコロッケ」や「行者ニンニク醤油漬け」等の味案も出されましたが、北海道民が食べ慣れ親しんだ馴染みの味わいであり、じゃがいもとの相性が抜群に合うということで、「塩辛じゃがバター味」に決まりました。「じゃがバター×イカの塩辛」の発祥については、イカで有名な函館で生まれたとする説が有力です。地元で獲れたおいしいイカを使った「塩辛」をじゃがバターの上に乗せて食べてみたのが始まりといわれています。今では北海道全域、特に函館を含む道南と、じゃがいもの栽培が盛んな道東で、「じゃがバター×イカの塩辛」の文化は定着しています。

【商品特長】
●「塩辛」独特の風味にバターのコクが加わったくせになる味わいで、「じゃがバター×イカの塩辛」の味わいが楽しめるポテトチップスです。
●「塩辛」独特の発酵した香りと濃厚なバターの香りが、ポテトチップスの香りとあいまって食欲をそそります。

【パッケージ特長】
●表面は、塩辛・バター・じゃがいもの色合いをグラデーションで表現していて、素材のイラストを背景や味名に取り入れています。裏面では、観光復興に向けたキャンペーン「元気です北海道」のロゴを記載して、北海道の観光の活性化を応援します。

【商品担当者のコメント】
この商品は「塩辛」の独特な臭みを出すのにとても苦労しました。「塩辛」の独特な臭みを出すため、いろいろなものを試し、発酵感のでる味噌や隠し味として「タイム」を使用することで、ポテトチップスでも「塩辛」の風味を感じていただけるようになったと思います。もともとじゃがいもをベースとしている料理なので、ポテトチップスとの相性は抜群だと思います。北海道民の方にも納得していただける味わいとなっておりますので、ぜひお召し上がりください。

【商品概要】
商品名:ポテトチップス 塩辛じゃがバター味
内容量、エネルギー:55g、303kcal
JANコード:4901330536657
価格:オープン(想定価格 税込み120円前後)
発売日:2019年月3月4日(月)
販売エリア:北海道
直営店・アンテナショップ:千歳・札幌・東京・原宿・新宿・吉祥寺・海老名・西武所沢・千葉・エキスポ・心斎橋・神戸・広島・博多・沖縄
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。

“食”の最新記事はこちら

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ