マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > NEW・新着クリップ - > 【樹木希林の人生哲学】「私は何でもおもしろがれるの」夫婦の話から仕事、家族、人生まで...『樹木希林 120の遺言』1/28発売!

【樹木希林の人生哲学】「私は何でもおもしろがれるの」夫婦の話から仕事、家族、人生まで...『樹木希林 120の遺言』1/28発売!

『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』(宝島社)

『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』(宝島社)

株式会社宝島社(代表取締役社長:蓮見清一 本社:東京都千代田区)は、2019年1月28日(月)に故 樹木希林さんの生前の言葉をまとめた書籍『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』を発売します。

表紙は、2016年の企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」のビジュアルを元に作成しました。
本書は、『NHKスペシャル「"樹木希林を生きる"」』や、朝日新聞の連載「語る 人生の贈りもの」のインタビュー、雑誌、専門誌、フリーペーパーでの発言に至るまで、多岐に渡るメディアから、心に響く樹木さんのメッセージを厳選。『寺内貫太郎一家』について語った1974年の対談から2018年にお亡くなりになるまでの120の言葉を収録し、本書でしか読むことのできない名言が満載です。


仕事、家族、夫婦関係、生きることと死ぬことについて・・・。
誰もが人生で直面する「壁」をどう乗り越えればいいのか―。

<ありのままの自分>を貫き、最期まで<自然体>で生きた樹木さんの率直な言葉には、彼女の人となり、そして人生哲学がつまっています。生前、親交があった養老孟司さんからご寄稿もいただきました。装丁はブックデザインの名匠・鈴木成一さん。ご遺族から提供いただいた秘蔵写真も収録!


<出版の経緯>
2018年9月15日にこの世を去られた女優・樹木希林さん。宝島社では、2016年の企業広告にご出演いただいたご縁から、2018年10月に追悼広告を朝日新聞・読売新聞に掲載しました。樹木さんの生前の言葉をお借りし制作したメッセージは、Yahoo!ニュースに掲載されるなど話題となり、Twitterでは1週間で6500以上ツイートされました。また、20~70代の幅広い層の方から「考えさせられた」「樹木さんの言葉は心に響く」との声がよせられました。さらに、「樹木さんの語録を出版してほしい」とのご要望が多数寄せられたことを受け、今回の書籍、『樹木希林 120の遺言』を出版することとなりました。

============================
死生観、仕事、子育て、夫婦・・・120の言葉を収録。
テレビや記者会見で発言したくすっと笑える樹木さん節も!
============================

●死生観について
がんがなかったら、
私自身がつまらなく生きて、
つまらなく死んでいったでしょう。
そこそこの人生で終わった
(医師の鎌田實氏との対談で、闘病生活について語って―2012年2月)


●仕事について
マイナスの出来事も含めて、
自分の栄養かな
(インタビューで役者人生について語って―2015年11月)


●子育てについて
ああするべきだ、こうしちゃいけない、
ああしちゃいけないというものの中からは、
人は育たない気がする
(YOU、是枝裕和監督との座談会で、子育てについて語って―2008年6月)


●夫婦について
来世で出会わないために、
今完璧に付き合っているのよ(笑)
(映画『神宮希林 わたしの神様』公開時のインタビューで、結婚生活について語って―2014年5月)

『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』(宝島社)
著:樹木希林 
2019年1月28日発売予定
定価:1200円+税

【予約はこちらから!】
https://tkj.jp/book/?cd=TD291929&path=&s1=

■インタビューやエッセイまで網羅!120の言葉を厳選収録
■仕事、恋愛、夫婦関係、育児、家族...人生!樹木さんの哲学が学べる
■ご遺族からご提供いただいたプライベート写真を収録!

“本”の最新記事はこちら

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ