にほんご雑記帳 ちょっと気になる日本語について、気まま思いのままに書きつづる雑記帳。

「横紙破り(よこがみやぶり)」

君の意見はあまりにも横紙破りだよ。

横紙破り、「よこがみやぶり」と読みます。意味は『無理を知っていて、自分の言い分を押し通そうとすること』です。型破りとか、掟破りとか、常識の範囲や決まり事から逸脱する場合に「破り」という言葉を使いますが、横紙とはどんな紙なのでしょう?これは和紙のこと。和紙はすき目(繊維の方向)が縦に通っていて横には破りにくい。それを無理に破るようなもの、というたとえなんですね。

あまり耳にしなくなった言葉ですが、『横紙破りの前科者』という邦画がありました。これは若山富三郎主演(中村玉緒が遊女役で共演)で、1968年に製作されたアクション映画。娯楽映画のタイトルに難しい言葉を使うとは思えないので、この頃は常用語だったのかもしれません。
今どきの若者言葉で言うなら「それって、無理っぽい」かな。断定を避けて協調性を乱さない言い方が氾濫しているけれど、「横紙破り」の強さが心地よく感じるのは私だけでしょうか。

ページの先頭へ