にほんご雑記帳 ちょっと気になる日本語について、気まま思いのままに書きつづる雑記帳。

「偽り(いつわり)」

人の為と書いて「偽り」という。

先日、テレビを観ていたら、日本に留学している若い外国人女性が非常に興味深いことを言っていました。「日本語って奥があって素晴らしい。だって、人(他人)の為と書いて"偽(いつわ)り"と読むじゃないですか」。
「なるほど!」と感心し、語源を調べてみました。この漢字のつくりである「為」は「手」と「象」からできていて、人間が象を手なずける様子を表しています。そこに人偏が付いて人間の作為で本来の姿を変える、うわべをとりつくろうという意味の字ができ、「いつわる」になったとされています。

テレビの外国人女性は、偽りが伴う言動は自分の為ではなく、他人の為になされるものなのだ、この字はその真理を突いている、と言いたかったのだと思います。でもねえ、よく「あなたの為を思って」とか聞きますよね。そういうことを言う人に限って「自分の為」だったりするんじゃないかと...。これって「偽り」?

ページの先頭へ