ご存知ですか?漢方専門の薬局のこと

イメージ

自然の恵みを用いた漢方薬

「漢方専門 なつめ薬局」は、平成22年6月の開局以来、幅広い年齢層の方に利用されています。漢方薬は、生薬(しょうやく)とよばれる植物や動物、鉱物などを2種類以上組み合わせて作られます。植物の樹皮、果実、種子、根、葉など、自然の恵みを用いて身体や心の不調を整えてくれる漢方薬は、丁寧なカウンセリングを行い、一人ひとりの症状に合わせて処方されます。

同じような症状であっても、そこには人それぞれ異なった状況があり、生活サイクルも違います。何時に寝て何時に起き、どのような仕事をして、どのような食生活なのか...。例えば抱えている症状が慢性的なものである場合は、身体の性質を整えていく必要性があります。不調の原因が1つだけ明確になるケースは稀で、様々な要素が絡み合って起きている場合がほとんどです。その原因となるものを一つひとつ取り除いていき、経過や変化に合わせ使う漢方薬も変えたり、検討したりしていきます。

イメージ

西洋医学と東洋医学

西洋医学は、病気を治すことに薬を用いて病原を攻撃する、もしくは病巣を切除する、攻撃的な療法といえます。病気の原因がはっきりとしており、有効な薬や手術法が開発されている場合に効果を発揮します。漢方(東洋)医学は病気を局所的なものとして考えず、身体の調和をとることを重視しています。もともと人間に備わっている治癒力を活かし、足りないものを補い、バランスを整えていきます。

漢方は予防医学とも言われています。人に備わる治癒力を、身体の調子を整えたり、足りない物を補ったりすることで、治癒力・回復力を高めてくれます。また不規則な食生活やストレスに起因することが多い生活習慣病、ホルモンのバランスが崩れることで起こる症状に関しては、バランスをとる事を得意とする漢方薬が向いている場合が多いといえます。

イメージ

気軽に相談を

一時しのぎの応急処置ではなく、内側からの力を高めて、体質改善していくのが漢方です。私たちの身体は、気候の変化や環境、生活習慣、ストレスなどの影響を日々受けています。特に女性の身体はデリケートでバランスを崩しがちです。身体のバランスが崩れると、冷え、にきび、肌荒れ、生理不順、不眠、むくみなどの症状が出てきます。漢方薬はそういった状態の改善にも役立ちます。

なつめ薬局では、顔色や肌の状態、舌の状態、ライフスタイルなどを確認したうえで漢方薬を選びますので、相談が1時間以上になる場合があります。また、後日処方したお薬をお渡しする際に、漢方薬がどのような植物から作られているのか、どのような作用があるのか、煎じ方、飲み方をご説明いたします。しっかりとお話をお伺いし、お迎えするため、相談は予約制とさせていただいております。あらかじめお電話もしくはメールにてご予約をお願いいたします。疲れやすい、なんとなくだるいという状態も漢方は何かの力になれるかもしれません。些細な不調でも放っておかず、気軽に相談にいらしてください。

漢方専門 なつめ薬局

  • 住所:札幌市中央区南6条西11丁目 第2さっしんビル1階(MAP
  • 電話番号:011-206-9759(予約優先)/FAX 020-4664-0128
  • 営業時間:11:00~18:00
  • 定休日:火・水曜日
  • URL:http://kanpou-natsume.jp

2013年夏号掲載 ※現在とは情報が異なる場合がございます。詳しくは各店舗へお問い合わせください。

ページの先頭へ