マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > 特集記事 - 初夏のオイシイお出かけ『洞爺湖町エリア』

初夏のオイシイお出かけ 洞爺湖町エリア

洞爺湖

海の幸・湖の贈り物 大地の恵み

北海道南部に位置し、2006年に虻田町と洞爺村が合併し生まれた「洞爺湖町」。湖、海、山に囲まれた、四季を通じて様々な景観を楽しむことができる自然豊かな町です。

町名に由来する洞爺湖は、支笏洞爺国立公園の中にあるカルデラ湖。洞爺湖周辺は、乗馬やネイチャーガイドとのトレッキング、カヌーなど自然を満喫できる体験スポットがたくさんあります。湖畔の温泉街には「手湯」「足湯」があり気軽に温泉を楽しめます。また、温泉街近くの湖上では、毎年4月下旬から10月下旬まで「ロングラン花火大会」が毎夜開催されています。

農業や漁業も盛んで、噴火湾(内浦湾)では、ホタテをはじめ、ヒラメ、カレイ、タコ、ウニ、鮭、ワカメ、昆布など様々な魚介類が獲れます。洞爺湖町を中心とするエリアは農業に適した気候条件で、ミネラルたっぷりの土壌のため、アスパラガス、メロン、トマト、イモ類、豆類など農作物の種類が豊富。特にセロリ、大葉赤シソは北海道でもトップクラスの生産量を誇っています。
酪農も盛んで、黒毛和牛、赤毛和牛、伊達黄金豚などのブランド肉も有名です。

北海道のオイシイを召し上がれ!

2008年、北海道洞爺湖サミットが開催され、その主会場である洞爺湖は環境と自然を意識した美しい観光地として世界的に注目されました。「ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ洞爺」は、洞爺湖を眼下に眺めることのできる山の中腹に位置するピッツェリア。「ミシュランガイド北海道2017 特別版」に、ビブグルマンとして初掲載された実力店です。今回は、ラ・ロカンダ・デル・ピットーレを運営する株式会社ステラユニード取締役副社長で、ピットーレ洞爺の立ち上げに関わり、厨房で10年料理長として腕を振るっていた高橋和彦さんにお話を伺いました。

高橋和彦さん

気軽にワイワイ楽しんでいただける場所づくり

「ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ洞爺」は、2003年にザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパの別棟ウィンザースノービレッジのセンターハウス内にオープンしました。代表の辻伊佐男氏が新潟の本店に次いで日本で2軒目の店舗としてこの地を選んだのは、ピッツァ作りを習得した地・イタリアにあるコモ湖を彷彿とさせる森と湖に抱かれたロケーションだったと言います。

「ピットーレは場所柄、地元の方、旅行で訪れた方、ウィンザーホテルにご宿泊の方など、幅広い年齢層と多様な国籍のお客様にご来店いただいております。店内の柱や梁に古材を使用したり、スタッフの手描きのお皿で料理をご提供させていただいているのは、和気あいあいとした雰囲気で気軽に食事を愉しんでいただきたいとの想いから。自然の中でホッとでき、温もりを感じて頂けるような空間づくりを心掛けております」と高橋さん。

お客様ひとり一人のストーリーを大切に

「お客様との会話から得られるちょっとした情報をもとにお料理のご提案をさせていただくこともあります。“長時間の運転で少々お疲れ気味かな”、“ディナータイムまでお時間が空くようだ”など、お客様の体調やスケジュールを考え、最良の状態で召し上がっていただけるように、そしてピットーレでなごやかなひとときを過ごしていただければうれしいです」と高橋さん。

ピットーレの窯はスタッフの手作り。水と粉、シンプルな材料から作られるピッツァは、環境に合わせ調整することが大切だと言います。「新潟、富山、軽井沢といった湿度の高い本州にある店舗と洞爺とでは生地や窯の扱いが異なります。温度や湿度など日々変化する状況に合わせた加減が重要です。どの薪を入れるかで火加減がガラッと変化する。焼きながら温度を感じ取る。そういった見極めが必要です」。

薪の炎からの直火、天井からの輻射熱、 窯の床の熱のバランスによって焼きあげる。その日の気温、湿度、薪の太さ、乾燥度などを把握し、ピッツァ生地と具材の焼き加減をコントロールする。肌に感じる温度と空気感、経験と勘で絶妙な焼き加減に

肥沃な大地が育んだ素材を生かした料理

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパと同じく、ピットーレには洞爺湖町の佐々木ファームの新鮮な野菜や、平飼いの健康的な鶏が産んだ洞爺自然有精卵「三四郎」など、地元の美味しい食材が届きます。ブロッコリー、ズッキーニ、トマト、カブ、レタス、アスパラガス、ジャガイモといった旬の野菜を使ったこだわりの一皿もメニューに登場し、四季を通じて美味しい感動を味わうことができます。

「ミシュランガイド北海道2017 特別版」に、ビブグルマンとして掲載されたことについては、「今までやってきたことを評価頂き光栄です。これからも仕事に対し一つひとつ真面目に取り組むことを積み重ねていきたいと思います」と高橋さん。将来的には、本店と同じように洞爺でも自家栽培に取り組んでいきたいと考えているそうです。

  • 【写真上】その時期に収穫できるフレッシュな野菜や、チーズなどを盛り合わせた『ピットーレサラダ』(1720円、税・サービス料別)。美しい彩りがより一層食欲をそそる
  • 【写真左】ホクホクと甘く黄色い果肉「とうや」という品種のジャガイモを使った『ゴルゴンゾーラニョッキ』(1720円、税・サービス料別)。生クリームも小麦粉も北海道産のものを使用
  • 【写真右下】薪の窯で焼くピッツァは、表面がパリッと香ばしく、中はもっちりとした食感。イタリアのパンチェッタ(ブリアンベッラ)を贅沢にのせた『イタリアンハムと半熟卵のピザ・ビスマルク』(3080円、税・サービス料別)。トリュフバターの芳醇な香りと、濃厚で甘みのある味わいの洞爺自然有精卵「三四郎」が絶妙なハーモニーを奏でる
  • ※写真は全てイメージとなり、季節や仕入れ状況によりメニュー内容が変更となる場合がございます。
「料理人として、目の前にある素材を生かすことを心掛けています」と話す石飛シェフ
右から、ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ総料理長・飯島氏、
ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ洞爺シェフ・石飛氏、
株式会社ステラユニード取締役副社長・高橋氏、
ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ洞爺スタッフ・小野氏、青野氏

店舗情報

ピッツェリア
ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ洞爺

〒049-5723北海道虻田郡洞爺湖町月浦44
TEL:0142-73-1020 FAX:0142-73-1313

営業時間
11:30~14:00(LO)、17:30~21:00(LO)
繁忙期のティータイム営業日については、店舗までお問合せください。

※LO:ラストオーダー。
※繁忙期間中の15:00~17:00は、ピッツァ、デザート、ドリンクのみのご提供になります。

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ