きらきら。

日本で最初のイルミネーションとして1981(昭和56)年に始まった、
冬の札幌を彩るイベント「さっぽろホワイトイルミネーション」。
初冬の札幌を彩る風物詩です。

37回目を迎えた今年は、11月24日(金)から点灯、
大通会場は12月25日(月)まで、
駅前通会場は2018年2月12日(月)、
そのほかの会場は2018年3月14日(水)まで
キラキラとした輝きを放ち、道行く人を魅了します。

大通会場には、大小さまざまなシンボルオブジェが光の芸術としてきらめき、
駅前通や、南一条通には立木にLED電球が装飾され街を彩ります。
今年から「札幌市北3条広場(アカプラ)会場」と、
「札幌駅南口駅前広場会場」が新設され
街のキラキラも一層パワーアップ!

20171129

画像は、大通3丁目会場の
会場中央の噴水に設置された、
雪のいぶき「スノークリスタル」です。

ちなみに1ブロック離れた大通公園2丁目では、
「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」も開催中。
ここでローストアーモンドとソーセージをつまみながら、
ホットワインを飲んで身体を温め、
イルミネーションを楽しむのもオススメです。

札幌の夜を彩る、幻想的なイベントに足を運んでみてくださいね。

https://white-illumination.jp/

Madura(マドゥーラ)WEB

コメントは受け付けていません。


ページの先頭へ