そば弁当。

取材で室蘭へ行った際に立ち寄った「小がね」。
室蘭・登別などに何店舗かある蕎麦屋さんです。

IMG_6919

画像は、人気メニューの「そば弁当」。
3種類の具材の蕎麦に、エビ・キス・野菜天ぷら、
プラスおにぎりというボリューム。

昼ご飯を美味しくいただいて、午後の取材のためにお客様のところへ戻ったら、「お昼は何を召し上がったんですか?」と聞かれたので、「小がねでそば弁当を食べました」と答えたところ、「カツ丼じゃなかったんですねー」と。

じつはここのお店、蕎麦も美味しいのですが、独特のビジュアルのカツ丼が名物だそう。
一般的な「カツ丼」とは、ドンブリごはんの上に卵でとじたカツが乗ってるスタイルを思い浮かべるのではないでしょうか。

小がねのカツ丼は、どんぶり飯と卵とじのカツが別々に提供されます。
室蘭市民、登別市民のほとんどの方が知っている、と聞いて、カツ丼にもいろいるあるんだなぁという感想。

そういえば以前、訓子府町の「福よし」さんで食べたカツ丼もユニークだったことを思い出しました。
どんぶりご飯の上に切り海苔がかかっていて、その上にサックリ衣のカツと彩りのグリーンピースがのっていて甘じょっぱい醤油ベースのたれがかかっています。
その時も、訓子府のカツ丼は卵でとじずに甘辛い醤油ダレのかかったものがデフォルトだとお聞きし、そうか、卵でとじないカツ丼もあるのね、と衝撃を受けたっけ。

読者の皆さまから「北海道の美味しいものを紹介して」というメールをいただくのですが、今回は「北海道」というより、「胆振地方」&「網走地方」の美味しいもの情報でした。

さて、マドゥーラではプレゼントの応募を受け付け中です。
ご応募お待ちしています。

Madura(マドゥーラ)WEB

コメントは受け付けていません。


ページの先頭へ