濃厚トマトジュース。

写真は、函館に行った際に、クライアントさまからいただいたトマトジュース。濃厚で甘くて旨みもあって美味しいトマトジュースでした。
身体の中からキレイになれる!そんな感じのする滋味深い味でした。

IMG_6894

子供の頃、トマトが苦手でした。
夏の日の朝、母が庭で収穫してくるトマトはなんだか青臭くて…。
身体には良いのかもしれないけれど、幼心に「なんでこんなものを食べさせられるんだろう」と不満に思っていました。

今は様々な種類のカラフルなトマトが店頭に並んでいますよね。甘くて濃厚でジューシー。果物並みの糖度の品種もあるようです。昔のようなトマトは見かけることも少なくなりました。

トマトを食べられるようになったのは、20歳を過ぎてから。
年齢を重ねて食の好みが変わった、などの理由ではなく、同僚のおかげ。

花見の席で同僚が作ってくれたレッドアイという名前カクテルが苦手克服のきっかけでした。

当時、ビールもトマトジュースもどちらも苦手でした。
でもこのトマトジュースとビールを合わせたカクテルは、ゴクゴク飲めちゃったんです。
「いいからとにかくだまされたと思って飲んでみて」と勧められ、飲んでみたら…。あれ?飲める?飲めるというか、むしろオイシイ。以来、トマトも食べられるようになったという。本当、きっかけって大切ですね。

トマトといえば、以前Maduraで取材させていただいた「プリンセスファーム」さんのトマトが美味しいんです!
プリンセスファームの中野さんと酒井さんのつくるトマトや野菜たちは、無農薬・無化成肥で栽培されています。
このトマトを使って昨年はソース、スープ、ピクルスのほか、ケチャップにも初挑戦。もともとが美味しいトマトなので、何をつくってもとても美味しい!(自画自賛)もうすぐ収穫の時期のはず。あー、待ち遠しい。

Madura(マドゥーラ)WEB

コメントは受け付けていません。


ページの先頭へ