備え。

平成30年北海道胆振東部地震により被害に遭われた方へお見舞い申し上げます。

9月6日未明、北海道厚真町で震度7を観測した地震。
弊社のある北海道札幌市北区は震度5強を観測しました。

前代未聞の北海道全域での停電。
電気が無いとあらゆるものが止まることを、身を持って実感しました。

停電により公共交通機関がストップし、信号機も消え、道路の陥没や隆起もあって危険な状況、かつ電波状態も不安定でインターネットに繋がりにくく、知りたい情報を入手するのが難しかったです。

スマホのバッテリーも心もとなくて、本州に住む家族や友人知人からのラインやメールに、心配してくれるのはありがたいけれど、充電が切れるから何通も送らないでほしいと思ってしまったり。

我が家は低階層で、駐車場も平地なので、車の出し入れも困りませんでした。食料や水のストックがあったこと、災害時の備えで持ち出し用リュックに一通りのものを詰めていたこと、キャンプが好きでLED懐中電灯や灯油ランタン、煮炊き用の簡易ストーブがあったことで、比較的冷静に過ごせました。

が、大規模マンションの高層階だったり、立体駐車場や電動式シャッター車庫の方は大変な思いをされたようでした。
エレベーターや給水ポンプなど電気で動くものが止まってしまうことは、とても不便です。

モバイルバッテリーは携帯性を考え、スマホ2回分の容量の薄型のものを使用していたので、停電が何日も続いたら、連絡手段や情報の入手が困難だなと思っていました。やはり電気が無いのは不安でした。
そして今回の地震が真冬に起きていたらどうなっていたことでしょう。きっと、もっと混乱していたことでしょう。

今一度、非常持ち出し袋の中身を点検しきちんと備えておこうと思いました。

Madura(マドゥーラ)WEB


ページの先頭へ