マドゥーラ・札幌はアクティブな50代からの
大人たちに向けて情報を発信します

トップページ > 北海道のアタリマエ

北海道のアタリマエ

北海道民にとっては当たり前のことでも、「本州の友人に驚かれた!」という経験を持つ人も多いのでは。そう!北海道には、住んだ人にしかわからない常識や実態があるのです。道産子にしかわからないはずなのに、なぜか笑える「北海道のアタリマエ」をご紹介します。

日々の暮らし編2016.05.26更新

  • お花見シーズンは、基本寒い。
  • 新規開店した店前に飾られた生花を抜き取って持ち帰っても白い目で見られることはない。「開店祝いの花が早くなくなるのはお店が繁盛している証拠」らしい。
  • お葬式の受付で香典を出すと、その場で封を開けて中身を確認し、領収書を発行してくれる。その場で海苔やお茶などの即返しがある。

え?そうなんだ編2016.05.26更新

  • 鉄路を走る乗り物はすべて「汽車」と呼ぶ。
  • 北海道のきびだんごは、細長い板状のもちがオブラートに包まれている。
  • 寝かせた方が良い料理や、煮物が余ったりすると、とりあえず鍋ごと玄関に追いやる。

食べ物編2016.04.08更新

  • 桜の木の下で、鍋を囲みながらジンギスカンを楽しむ。GWは、現地に食材と鍋セットを届けてもらえるデリバリージンギスカンを利用する人も多い。
  • 道民の飲み会はビールに始まりビールでしめる。
  • 近年、新・北海道グルメと言われているスープカレー。確かに店舗はたくさんあるけれど、頻繁に食べている訳ではない。

小学生物編2016.04.08更新

  • 冬場の登校時は基本的にスキーウエア。
  • 北海道の小学校で行われる運動会は、ほとんどが春。
  • 北海道でカルタと言えば「下の句カルタ」のこと。

バックナンバーはこちらから 

»詳細はこちら

マドゥーラ企業会員のご紹介

皆様の日々の暮らしを豊かにするサービスを提供している企業です。

ページトップ